第37回「最高の自分をイメージしよう!」

あなたは、自分が自分であることに、毎日感謝して眠りについていますか?
「100%理想通りの人生を生きられたらいいのに!」「今の自分は、本当
の自分じゃない!」きっと多くの方が、感じたことのある気持ちだと思いま
す。でも実際の毎日は・・・と振り返ってみると、お金、時間、仕事、健康、
パートナーシップなど、多かれ少なかれ、何かしらの問題を感じているもの
です。
それはいったいなぜでしょう?その鍵を握っているのは「セルフイメージ」
です。今日は、これをじっくり見ていきましょう。セルフイメージとは、自
分はこういった人間だ!と、自分自身に対して抱いているイメージのことで
す。このセルフイメージは、こどもの頃に起きた出来事、家族や友人から言
われた何気ない一言などをきっかけに、築かれていることが多いものです。
たとえば、小さいころからずっと、何をやっても褒められて育った子供は、
自分は素晴らしいと思っています。反対に、いつも「お前はのろまだ」とか
「何にもできないねぇ」と言われて育った子供は、それを信じ込むようにな
ります。そして、ほとんどの人は、大人になっても、そのセルフイメージを
持ったまま生きているのです。
今回のミニ・ワークでは、あなたがどんなセルフイメージをもっているのか
を見ていきましょう。そして、そのセルフイメージを変えるにはどうしたら
良いのか、にも触れていきたいと思います。
----------- ★ ミニ・ワーク ★ --------------
1)あなたは、自分をどんな人だと思っていますか?思いつくままに
紙に書き出してみましょう。
例)私は賢い、私は美しい、私は太っている、私は何でもできる
私はスポーツ万能だ、私は愛されない、私はどんな人からも好かれる
私は、××が苦手だ、私は、○○が得意だ
2)次に、最高の自分をイメージしてみましょう。最高のあなたは、自分を
どんな人だと思っているでしょうか?思いつく限り書き出してみましょう。
-----------------------------------
いかがでしたか?自分が自分のことをどう思っているのかが、見えてきたの
ではないでしょうか?
最高の自分になっていないと今の自分を責めることは、実はセルフイメージ
を変えられない原因の1つです。自分をダメだダメだ、と罰し続けながら、
最高の自分になろうとすることは、ブレーキをぐっと踏みながら、アクセル
を踏み込むことに似ています。どんなに頑張っても、結果がなかなか出ない
のは、こういう状態にあることが多いものです。
この状態を抜け出すコツは、今の自分をもっと受け入れること、自分の素晴
らしさに目を向けることです。自分がどんなにダメに見えたとしても、全て
の人に、その人らしい素晴らしさが必ずあります。自分ではそれが見つけら
れない時には、友人や仲間の力を借りてみましょう。応援しあえる人とのつ
ながりの中で、あなたのセルフイメージは、最高の自分に近づいてことでし
ょう。
あなたと、仲間たちのライフワークを応援しています!